プロフィール

yuka

Author:yuka
娘(めい)・・・2010年8月2日生まれ
息子(しょう)・・・2012年6月16日生まれ
パパとママの4人家族です。


最新記事


カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

月別アーカイブ


最新コメント


カテゴリ


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
しょうは今日でピューター最終日でした。
お誕生日の子がいたので一緒にお別れパーティーをしてもらったしょうです。

IMG_4575.jpg

IMG_4569.jpg
手形の冠(実物大らしいです)を被せてもらいました。

IMG_4586.jpg
お誕生日の子と一緒に紙テープでぐるぐるにされたり、

IMG_4591.jpg
演奏したり。

IMG_4606.jpg

1年ちょい通ったピューター。体力が持たずお迎えに行くと寝ている事もよくあったけれど、まぁ先生には可愛がってもらってました。
久しぶりにピューターでの様子を見ていると、少しはオランダ語も理解しているようです。
先生の問いに対してNEE(=NO)って言ってるもんね。
どうしても家ではめいが英語を使うのでオランダ語を使う機会がないしょう。
使わないとなかなか語学は上達しないよね。うんうん、英語でも同じ。

お友達とも意志疎通出来てるとは思えないけれど、教室に入ると何人かの子達が「SHO〜、SHO〜!」と声をかけてくれるのが私も嬉しかったな〜^^

初めての園生活、よく頑張りました!
次の赴任地ではどんな幼稚園に行く事になるのかな?楽しみだね^^
今日でめいの通うインターは終了。明日から夏休みです。早っ!
現地校より3週間程早く夏休みのスタートです。(日本人幼稚園より1か月以上早い!)

実は我が家、転勤が決まってしまったので、7月後半にオランダを離れます。
なので今日をもってめいはインターを卒業となりました。(サマーキャンプには参加するんだけども)
ちょうど区切りでの卒業なので良かったかな。
本人は今のクラスメイトと次の学年に進む事を楽しみにしていたけれど。ごめんね。

DSC_0940_20150710031007b1b.jpg
クラスメイトの中でも特に好きだった子達と記念に♡

最初の1年は色々と悩んだ年でした。
日本人幼稚園への転園も本気で考えた程。

それでも色々乗り越え、毎日笑顔で楽しく通ってくれるようになり本当に嬉しかったな。

学期末に今年1年を作品と共に振り返る面談みたいなのが先日あったのだけど、先生と普通に英語で会話をしているめいを見ておぉ〜と思った私です。

IMG_4374.jpg
今年1年の作品集を作ってくれました。

IMG_4373.jpg
なんか若干よく分らない英語が書かれているなーと思っていたら、めいの喋った事を先生が丁寧に書き留めてくれたものらしい。
えーっ、こんなに話せるの??とびっくりしました。
もちろん文法は習っていないからめちゃめちゃだけど。

めいの通うインターは、幼稚園部の間はお勉強、お勉強といった雰囲気は全くなく、子供達がのびのびと遊びの中で楽しみながら学んでいけるようなプログラムになっているように思われます。
2年間同じ先生に担当してもらったので、他の先生はどうか分らないけれど、先生は個性をとても尊重してくれるし、とにかくよく褒めてくれました。

16人のクラスメイトの国籍はアメリカ人、ロシア人、メキシコ人、ブラジル人、イギリス人、ドイツ人、イタリア人、モロッコ人、韓国人、インド人、中国人、日本人等々。
めいのクラスは本当にインターナショナルでした。
こんな環境で学校生活をおくれる機会は日本ではなかっただろうし、いい経験になってくれていたら嬉しいです。
私が羨ましいわ〜
でもめいのおかげで私も色んな国のママさん達と知り合う事ができたので、楽しかったな。

DSC_0943_201507110810075a1.jpg
2年間、めいを暖かく見守り続けてくれた先生達。
感謝、感謝です。
めいと同じくらい私も離れるのが辛い〜。

私自身とてもカルチャーショックだったのは、学校ではチャリティーが本当に多い。
しょっちゅう、〇〇を持って来てくださーい。とか寄付してくださーい。とかがあります。
毎年決まって行われているものも多いけど、どこかの国で自然災害等が起こると、すぐにいろんなチャリティーが学校で行われ、被災地支援が始まります。
アメリカンカルチャーだなぁ〜と思います。
ボランティア活動も多いしね。
私もいい経験が沢山できた2年間でした。

短い間だったけれど、この学校に娘を通わす事ができて良かったなと思います^^

DSC_0948.jpg

DSC_0946_20150712104121c6e.jpg

DSC_0945_20150712104120d5a.jpg
新設された建物内に教室があったので、まぁ綺麗だったな〜
こんな綺麗な学校に私は通った事がないぞ!(笑)


最後に最近のめいの作品などを。
DSC_0554.jpg
☆等身大の自分☆

DSC_0555_2015071210342361c.jpg

DSC_0556_201507121034243b2.jpg
☆Snow World☆

DSC_0557_20150712103425f33.jpg
☆Treasure map☆

DSC_0558_20150712103427d89.jpg
☆Family☆


DSC_0956_20150712111525654.jpg
お世話になりました^^
しょうのピューター状況ですが、私がいなくても泣かなくなり、少しづつ預け時間が伸びていき、やっと先月末に12時半にお迎えに来てくださいと言われました。
一応8時〜1時というのが半日の預け時間なのですが、だいたい12時半〜45分の間くらいにみなお迎えが来るような感じなので、実質12時半というのが最後までということなのでしょう。
ランチもちゃっかりパンを2枚とか食べてるようで、先生に家でも良く食べるでしょうーなんて言われました。
これでもうしょうも心配ないかな?とホッとしていたら、、、、なんと今日は11時半に呼び出しコール。
なんだ?なんだ?と心配して聞けば、、、

外で三輪車に乗りながら寝ちゃったわ。
で、起きないので迎えにきて。

とな。
えーーーー!!!!
寝ちゃったってかーーー?!
(もうそのまま寝かしておいてくれてもいいのに。。。。ぶつぶつ)

はい、今すぐ迎えに参ります。

ソファーで気持ちよく寝ていた。
IMG_4620.jpg
車に移動させても爆睡中。

寝ちゃえるほどリラックスしてるのは良いとしよう。
、、、、が1時までももたないかー(泣)
確かに家にいるとだいたい11時半くらいから眠たそうにはするしなー
うーん、まだまだ体力が持たないのかのぅ。

お友達と遊んでいると4時くらいまでお昼寝なしでも全然いけるんだけどな〜
どうなることやら。
まだまだしょうを預けている間に予定を入れるのは難しい〜><

いよいよ新学期が始まりました。
前年度めいはPS (pre-school)に通っていたので、本来なら今年度はPK(pre-kindergarten)に進むのですが、もう1年PSに行かせる事にしました。

1つはめいが8月生まれだということ。こちらでは8月生まれは日本でいうところの3月生まれ。
なので前年度のクラスではめいが一番の年下。
これはお姉ちゃん肌のめいからしたらちょっと辛かったと思います。
どちらかと言えば仕切りたがりですからね。
入学してから知ったのですが、8月生まれの子は学年を選べるんだとか。
それならもう1年PSに行かせるのもいいのかもしれないなーと前々から考えていました。

あとは英語。何か月かお休みせざる得なかった間にまぁヨーロッパ人の子達の英語の習得の早い事早い事。
いつの間にか皆ちゃんとしたセンテンスで英語をしゃべっていてものすごくびっくりしました。
PKにあがるとやはりPSよりはお勉強要素も入ってくるので、めいにとっては常にCatch upしていかないといけない状態になると先生にも言われました。

やっと楽しく通い始めてくれた幼稚園生活、あとどれくらい駐在期間があるのかわからないけれど、最後まで楽しく通って欲しい。私としてはホントそれだけです。

とは言え、前年度は週3で通っていましたが、今年度からは週5。8時30分〜3時25分まで幼稚園生活にどぷっりとなってしまいます。週の後半はぐったりになるだろうなー。頑張れ、めい!

IMG_4495.jpg
夏休み中に新校舎が出来上がり、めいの学年は新校舎へお引越し。
めちゃめちゃ綺麗〜☆

IMG_4503.jpg
久しぶりの先生にちょっと照れ気味。でも嬉しそうなめい。
教室も広々〜
めいのクラスは12人からのスタート。
女子4人、男子8人という比率。
去年は女子率がかなーり高かったからびっくり。
一番年上なだけあって、めいがすごくしっかりしているように見えました。
仲良しのお友達が早くできるといいね。

初日を終え、お迎えに行くと、めいはニコニコ。
「楽しかった〜♪」だって。
2か月の夏休みのブランクもあまりなかったようでホッとしました。
しょう、今日でピューター(オランダの託児所)4回目です。
今日まで1時間一緒に付いてて、その後、いったん離れて30分後にお迎えに来てくださいというスタンス。

今までは離れている間ずっと泣いていたようで、迎えに行っても泣いていましたが、なんと今日は迎えに行くと泣き声が聞こえない?!
おぉ?!と思って、外のプレイグラウンドを覗くと、なんと泣いてない!!

で、何してる?
立ち尽くしてる・・・・(笑)
どこか一点をじーっと見つめているような?

私とめいが迎えに行っても最初気づかず、ずーっとどこかを見てる。
で、先生に話を聞くと、最初の5分で泣き止んだらしい。
おぉ、ついに泣き止みましたか!
やった、やったーーー!!!
一つ壁を越えたかな?

しょうを呼ぶとやっと私とめいに気づいて、猛ダッシュで泣きながら駆け寄ってきましたがな。
その姿がなんとも言えず感動しちゃいましたね。
必死で泣くのを堪えて頑張っていたんだね。
えらい、えらい!

後でしょうに聞いたら、他のお友達の乗ってた車に乗りたかったそうな。
それでじーっと見てたわけね。

次回はもう一回、今日と同じように30分だけ離れてみて、大丈夫そうなら、少しづつ時間をのばしていきましょうと言われました。
とは言え、来週からピューターは2週間夏休みに入るので、夏休み明けはまた手こずるかな〜

IMG_0750.jpg
頑張ったご褒美のアイスは格別〜♪

めいもおじいちゃんとお留守番してくれていたもんね。
いやぁ、いい時期におじいちゃんが来ててくれて助かったよ〜

めいも一緒だと、ゆっくりしょうに付いててあげるのも難しかっただろうし。
夏休み明けからどうするかなー
しょうが、ピューター(オランダの託児所)に入園しました。
これから週2、午前中だけ通うことになります。

P1090237.jpg

P1090241.jpg
しょうの好きな玩具が沢山あったようで、最初はずっと私から離れて一人遊びをしていました。

1日目は1時間私も一緒に居て、30分離れてお迎えに。
迎えに行くと号泣してました。
私が離れてしばらくは先生と遊んだようですが、私が居ないと分ってからはずっと泣いていたんだそう。

2日目も1時間一緒に居て、30分離れることに。
ちょうど外遊びの時だったのですが、離れる際に、「じゃあママとバイバイね」と言うと、手を振って「バイバイ」してくれ、15分程は外で泣かずに遊んでいたようですが、その後はずっと泣き続けたようで、25分くらい経った時点で電話がかかってきました。
迎えに行くと、先生に対して明らかに拒否反応を示していて、「嫌ー!嫌ー!」と叫んでいました。

うーん、ママっ子しょう、思ったよりも慣れるのに時間がかかるかも。

めいの時はピューターに入園したのが2歳半。しょうは2歳。やっぱりまだまだ小さいものね。
めいの通っていたピューターは基本泣いても預け時間中はずっと先生がケアしてくれて、呼び出しされることはなかったけれど、ここはどうもすぐに電話がかかってきそうな感じ。
めいは週4通っていたので慣れるのも早かったけど、しょうは週2なので慣れるのが大変そう。
あー、本当ならめいの通っていたピューターに入れたかったんだけど、引っ越しして市が変わってしまったのでしょうがない。

ゆっくり慣れて行こう。
頑張れ、しょう!!
めいのインターは今日が最終日。
なぜか最後の3日間は朝別れる時に激しく泣かれてしまいましたが、、、無事に修了です。
日本の幼稚園のように終業式があるわけではないのであんまり終わったーという気にはならないけれど。。。

P1080697.jpg
本当に、本当によく頑張りました!
一時はどうなることかと本当に悩みましたが、、、ほっとしました。

先生にも見違える程の成長を見せてくれたと言ってもらえました。
暖かくめいを見守り続けてくれた先生方に感謝です。
少し逞しくなった我が子を誇らしく思います。

来年度は先生とも相談して、もう一年PS(Pre-School)に通わせることにしました。
なのでクラスメイトとはお別れ。と言っても何人かはオランダを去ったり、学校を変わったりで居なくなってしまうけれど。
先生はもう一年同じ先生に担任してもらえることになったので、めいも安心かと。

さっ、明日から長い長い夏休み(約2か月)のスタートです。

そんな長い夏休みを乗り切るための救世主(?)おじいちゃんが、今日オランダに着きます。
というわけで空港までお迎え。
楽しい夏休みになりますように!
めいがインターに復帰して早1か月ちょっとが経ちました。
ちゃんと通えているのか、日本の家族は気にしてくれていると思うので、近況報告を。

復帰したての頃は毎朝、「幼稚園行きたくない」と泣いてました。
夜中にうなされていることもあったな。
トイレにちゃんと行けるかが心配だったので、私が教室にずっとついていたのですが、久しぶりの環境に先生を拒否、お友達を拒否が続き、私が少しでも離れようとすると大泣き。
面談でもこのまま母子分離ができないと上の学年にもあがれないし、また新学期からやり直した方がいいかもと言われ、うーん、どうしたらいいものかと。

先生と相談して、とにかく「幼稚園=楽しくない所」というイメージを強く持ってしまっていたので、とにかく短い時間でもいいから幼稚園が楽しい所という印象を持てるようにしていきましょうということに。

というわけで、それからは毎日学校に送り届けて、最初は1時間後にお迎え、次は1時間半後、というふうに少しづつお迎えの時間を延ばして行き、今は朝の8時半に送り届け20分〜30分は教室に残り、一旦バイバイし、ランチが終わる12時半〜1時くらいにお迎えにいっています。
母子分離は思ったより苦労せず、私が去った後、初日は5分泣き、翌日1分泣き、その次からは泣かずにバイバイできました。先生の配慮により、もともとは週3で通っていたのですが、慣れるまではと、今は週5で通っています。

そして、母子分離をし始めてから、めいが大変身を遂げています。
少しづつ、先生にも慣れ、お友達にも慣れ、幼稚園を楽しめるように。
毎日、迎えに行ったら、先生に「とってもめいはハッピーに過ごしていたよ。」「全くもって大丈夫!」「前とは全然違うわよ。大きく成長しているわ」など言ってもらえるように。

英語の壁はやはりあり、お友達の輪にぐいっと入っていくのはまだ難しいようですが、少しづつ絡みに行ってるみたいだし、コミュニケーションを取ろうともしているらしい。
きょうはOO(生徒の名前)と一緒にOOして遊んだよ。とかOOと一緒に手を繋いでジムに行ったよ、とかたまに嬉しそうに報告してくれます。
英語は全然しゃべれないけど、積極的に過ごしているようでほっとしました。
教室で「めい英語」なる意味不明の言葉だけど、響きだけ英語っぽい言葉を使っていたよ。
絶対にお友達には通じてないけど。。。。話そうという思いが大事だからね。頑張るのだ!
あっ、でも最近「See you tomorrow!」がちゃんと言えるようになったよ!

帰りに「楽しかった?」と聞くといつも「うん」と答えてくれるようになりました。
絶対に嫌だと拒否していたジムの時間さえ、今はとっても楽しいらしい。
幼稚園で覚えてきた英語やスペイン語の歌を家で歌ったりしています。

朝、寝起きに機嫌の悪い事がしばしばあるのですが、今朝もぐずぐずだったので、「早くしないと幼稚園に遅れるよ」と言うと、
めいが「幼稚園、、、、」って言い出したので、行きたくないと言うのかなと思ってたら、、、
「幼稚園、、、、、行くけどさー」だって(笑)

お迎えの時に、外から教室を覗いたら、ご機嫌に踊ってたり、先生と笑顔でしゃべってたり。
教室に入ったら「まだ帰らないー」とか「もっとゆっくり来てよ」とか言われたり。
拍子抜けするくらいの馴染みっぷりに私がびっくりです。

とは言え毎日トレイにちゃんとイケてるのかがとっても心配な私。
先週はまったく失敗せずだったのに、今週に入って2度程失敗があり、またまたため息をついています。
でも先生には「めいが学校にハッピーで来ているんだから、私達もハッピーよ。トイレの事はあまり大きな問題にはしたくないわ。」となんとも優しい事を言ってもらえて、ちょっとうるっときちゃいました。
忍耐強く付き合ってくれる先生に本当に感謝です。
「おトイレにちゃんと一人で行けたら、帰ったらチョコレートを食べよう!」作戦を実施しており、今のところ効果があるのですが、いつまでこれでいけるかな〜

なかなかすべてが順調にはいかないけれど、めいは本当によく頑張っています!
日本人が一人も居ない環境で逞しく成長してくれています。
私としては、幼稚園に楽しく通ってくれるようになっただけでも本当に嬉しい。
まだまだフルタイムではいけていないけれど、焦らず、めいのペースで慣れていければいいなと思っています。

school.jpg

school2.jpg

幼稚園では先生が毎日写真を何枚も撮ってくれていて、iCloudを通して親と共有できるようにしてくれています。
こういう顔をしてるんだと分るだけで親としてはホッとします。
インターは来週から冬休みにはいります。
というわけで今日は学期末のwinter partyがありました。

実はトイレ問題が難航して、めいはしばらく幼稚園をお休みしているので久しぶりの先生&クラスメートとの対面です。本当は今日も行くのはどうしようかと思ったのですが、めいのクラスメートの日本人の男の子が日本に本帰国することになり、会えるのも今日が最後ということと、先生もぜひおいでーと言ってくださったので行くことにしました。

1人一品持ち寄りのパーティーでして。
PS(pre-school)の3クラス合同のパーティーなので、人数のそこそこ。持ち寄り品もそこそこのものとなりました。

P1070838.jpg

P1070839.jpg

子供達は音楽の先生のギターに合わせて歌を歌ったり、音楽に合わせて踊ったりしました。
めいはしばらくお休みしていたので、歌が分からなくて若干すねてましたー

お腹がいっぱいになったらみんな音楽に合わせてダンスタイム~
めいもしょうをパートナーにして、踊りまくってました。
P1070841.jpg
良かった、ちょっとでも楽しんでくれて^^
めいは本当に踊るのが好きだなぁ~

P1070844.jpg
大好きなKくんとも今日でお別れ。悲しいぃぃぃ。きっとめい以上に私が(泣)
これでPSには日本人が他に1人も居なくなりました。

さて問題のトイレトレーニングですが、一向に出口が見えない状況ではあります。

休むことになった当初はかなり焦って、これからどうしようと夫婦で悩んだり、育児書を読みあさったりしましたが、時間が経ち、今はまた一からゆっくりやっていこうと思えるようになりました。

先月義両親が来た時に、「今のままで大丈夫。めいもしょうもいい子だね」と言ってもらえたことでだいぶ救われました。

トイレトレーニングが上手くいかないのは私のせいという気持ちでいっぱいだったから。
でも一度は出来てたトイレがまた出来なくなったのはきっと、私が怒りすぎたから。
幼稚園に行ける行けないが関わっていたので、私も焦ってしまっていて、結果としてめいに相当なプレッシャーをかけてしまったから。

まだたった3歳なんだよね。
かわいそうな事をしちゃった。
私も相当余裕のない育児をしてるんだなと改めて思いました。

めいのやる気がでるまでゆっくり待つしかないね。

一時帰国で私もめいもリフレッシュして、年明けからまた通えるようになるといいな。

旦那さんはおむつでもOKな日本人幼稚園に通わすことを言い始めましたが私はまだ悩み中。
日本に帰ってゆっくり考えたいと思います。

というわけで一時帰国してきます!
帰国中はブログの更新も滞ると思いますが(いつもの事ですが)、楽しんできまーす。
めいがインターに入学して1か月が経ちました。

入学当初からトイレ問題でつまづいていためい。
先生からも入学時期を遅らせることを考えた方がいいかもしれませんとも言われ、どうしたもんかと。。。
話を聞くと、「トイレ、怖い」「先生、嫌い」とまだまだ環境にも先生にも慣れていないんだなーと。
というわけで、私なりに考え、しばらくは私が付き添うことにしました(もちろんしょうも。)

9月2週目の3日間は8時半から13時過ぎまで付き添い、そのまま帰宅。
次の週の3日間は10時半過ぎまで付き添い、いったん別れて1時半に迎えに行ったり、最後の水曜日は3時25分にお迎え。

私がいると、ちゃんとトイレに行きたくなったら事前報告しにくるので、私と一緒にトイレに行ったり、あえて先生に伝えて、先生に連れて行ってもらったり。
そんな風にしていると、めいも学校のトイレに行く事に恐怖心がなくなったのか、私に「トイレ」と言いつつも一人で行ったりするようになってきました。
私と離れている間も自分でちゃんとトイレに行けたらしく、よっしゃー!!という感じ。

先生に対しても人見知りが少しづつ緩和してきて、先生が何かしてくれた時にギャーギャー嫌がったりすることが減ってきました。

しょうもいるので、付き添いはなかなか大変なのですが、どんな感じで学校生活を送っているのか、他の子供達の名前と顔が一致するようになり、それぞれがどんな子なのかが解って、いい機会になりました。

一日の主な流れは、、、
8時半      登校
〜9時過ぎまで  教室で自由時間
9時過ぎ〜    みんなで輪になって朝の挨拶の歌を歌う。
〜11時過ぎまで  教室で遊んだり、外で遊んだり、スナックタイムを取ったりする。
11時半過ぎ〜   曜日によって図書館に行ったり、ジムに行ったり、ミュージックのクラスがあったり。
12時半過ぎ〜   ランチタイム
〜1時半過ぎ   外で遊ぶ
2時前〜     お昼寝
2時半過ぎ〜    フルーツタイム、お話の時間etc
3時25分      お迎え

こんな感じでしょうか。

20130911.jpg
水曜日のミュージックのクラス。いろんな楽器に触れさせれもらえて楽しそうでしたよ〜

20130910.jpg
放課後は頑張ったご褒美にアイスクリーム。
学校のカフェテリアにあるこのアイスクリームがお気に入り。
アイスで一日頑張ってくれるなら、それでもいいやとすっかりアイス解禁しちゃってます。。。

そうそう、トイレ以外にも問題が発生。
それは外で遊びたがらないということ。
でも、どうやら外に出たくないのではなくて、レインブーツとレインコートが気に入らないらしい。。。
(雨でも基本的に外で遊ばせる方針なのです〜)
というわけで、週末にはめいと一緒に気に入るレインブールを探しに行き、レインコートも別のものを持たせることに。
それからは喜んでレインブーツ&レインコートに着替えて外で遊ぶようになりました。
ほっ。
でもレインコートはこれからの時期を乗り切るにはペラペラの生地なのでまた違うのを用意しないといかんなぁー

それから興味深い事も発見しました。
めいがやたらと「Kijk!」(カイク!)を連発していること。
「Kijk」とはオランダ語で「見て!」という意味。
きっと、日本語で「見て!」と言っても通じないけど、「Kijk」と言えばちゃんと通じて先生が見てくれるのが嬉しいんだろうなぁ〜
あまりに連発するので、先生が大変そうー(笑)

めいや他の数名の子供達もやたらと「Kijk!」を連発するので教室中、「Kiji!」のオンパレード!
普通に英語が話せる子供達もなぜか「Kijk!」を使うようになり、ちゃんと英語で「LOOK!」って言ってる子がほとんどいない〜
なんか笑っちゃいます。
子供達にとっては英語やオランダ語という垣根はなくって、とにかく通じることが重要だもんねー
みんな自己主張するのに必死なんですな。

入学してすぐの時、先生にめいはちょこちょこオランダ語が出ていると言われました。
たった半年でも多少はオランダ語を吸収していたんだなぁ〜と感慨深いです。


さてさて、今週は、、、

20130923.jpg
お気に入りのキャリーを引っ張りながら、自ら教室へ向かいます。
いいね、いいね。

お友達が持ってきてるのを見て、めいもキャリーバックが欲しいと切望。
スナックBOXやランチBOX、水筒、図書館の本やら入れると今まで使っていたリュックではパンパンだったので、まぁいいかと思って買ってあげることにしました。
プリンセスのキャリーバック。かなりお気に入りです。

月曜日、火曜日は10時過ぎまで付き添い、いったん帰って3時25分に迎えに行きました。
離れている間大丈夫かなと心配でしたが、一度もお漏らしすることもなく、何度も1人でトイレに行けたらしい!
お迎えの時に服を着替えてないと、心の中でガッツポーズしちゃいますね(笑)

私が居なくて泣くこともなく、ちゃんと楽しく遊んでいたようです。
先生にものすごーーーく褒めていただけて、私もとっても嬉しくなっちゃいました。

20130924.jpg
何日も付き添っているうちに、しょうもすっかりクラスの一員となりつつあります。


もう大丈夫かなぁ〜と思っていたのだけど、、、
今日はまたまたお漏らし発生。
先生からはご飯もあまり食べなかったし、お昼寝からもなかなか起きなかったから体調が悪かったのかもとおっしゃっていただいたのですが、帰ってからも体調は悪くなさそうだし、うーん。
なんだろなぁ、緊張の糸が切れちゃったのかなぁ?
イイ感じになってきたと思ってたので、私もなんだかショック。。。

また来週どんな感じになるのやら。
必要ならもう少し付き添ってあげようかな。私も根気よく、、、です。

 | BLOG TOP |  NEXT»»


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。