プロフィール

yuka

Author:yuka
娘(めい)・・・2010年8月2日生まれ
息子(しょう)・・・2012年6月16日生まれ
パパとママの4人家族です。


最新記事


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ


最新コメント


カテゴリ


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
今日はいよいよディズニーランドへと向かいます。
が、その前に一か所寄りたいところがあるということで、、、

DSC_0676_201405042355127a7.jpg

DSC_0679-1.jpg

シャブリの畑にやってきました。

車では上っていけなさそうだったので、ここは徒歩で。

DSC_0662.jpg
坂道に大興奮!
坂道を猛ダッシュ!
コケルって(汗)

DSC_0671_20140504235434b86.jpg
凛々しいお顔して上っております。

DSC_0664.jpg

昔、このあたりは海の中。
沢山の小さい牡蠣の化石(キンメリジャン土壌と呼ばれるらしい)と石灰石が混じった土壌なのが特徴。
そのおかげでミネラルをたっぷり含んだワインができるんだそう。
シャブリワインが生牡蠣や魚介類と相性がいいのもそういうわけなのね。

と、シャブリの畑にて旦那さんによる講義を受ける私。

DSC_0675_20140504235436ab9.jpg

確かに石灰石だわ。
最初、石を触っては感慨深そうにしていたから、変な人だと思ったけど(笑)、旦那さんみたいに、知識があって実際に見て確かめてみると、いろいろ感動があるのだろうなー
私は逆だから、いまいち感動が薄い(笑)

DSC_0673.jpg
見えるはシャブリの町。
こじんまりとした、可愛らしい町並みだったので(ちらっと見た感じ)、少し町の中も散策したかったのだけど、日曜マーケットが開催されていて、車が中心まで入っていけなかったので、散策は諦めましたー。

さっ、ブドウ畑に泣く泣く分れを告げ(旦那さんだけ?!)、次なる目的地に向かいますよー

DSC_0681_20140504235515414.jpg

DSC_0682_20140504235516542.jpg
今日も綺麗な菜の花畑が沢山見られました。
ほんとに真っ黄色!

DSC_0684_20140504235517bac.jpg
ヨーロッパの高速はほとんど無料なのだけど、フランスは有料道路があります。
支払所が新鮮だわ。
10ユーロ。高っ!

DSC_0686_201405050024124cd.jpg
さぁ、もう少しでディズニーランドに着きますよ〜♪
ブドウ畑巡りに付き合せた子供達をそろそろ遊ばせてやらねば。
と言うことで、ボーヌの中心地から少し離れたところにある公園に連れて行きました。

DSCN0866.jpg

DSCN0870.jpg
ボートにも乗れるみたい。
広々とした公園ですね〜

DSCN0868.jpg
カルガモの赤ちゃん☆

DSCN0871.jpg
ちょっとした遊具もありました〜

DSCN0872.jpg

DSCN0873.jpg
やっと遊べる!

DSCN0874.jpg
おやつ用に買ったレーズンパン、全部白鳥さんにあげちゃった。。。

DSCN0879.jpg
ここにもメリーゴーラウンドが!
乗らないわけがない。

ほどよく広くて、遊具もあって、鳥も沢山いて、子供達はとっても楽しかったみたい♪
子連れの旅行だと、こういう時間も大事!

帰り道、Carrefourに寄りました。日本でいうイオンモールみたいなところ。
DSCN0880.jpg

旦那さんがDaily用のワインを買いたいからってさ。まだ買うんかい(笑)

でもCarrefour、予想外に可愛い子供服のお店が入ってて、お買い物もしちゃいました。
日本の100均みたいなお店もあって、可愛い雑貨がちょこちょこ。
見てるだけで楽しかったー^^

夕飯はショッピングモールの中にあったフードコートのような所で簡単に済ませちゃいました。
決して、美味しいものは食べれないけど(不味くもないけど)、子供達が騒いでもへっちゃらなので、親は気楽〜
しばらくはレストランよりこういう所での食事の方がストレスなく食べれるのかなーなんて。
せっかく旅行に来てるんだから、美味しいものを沢山食べたいとは思うのだけどね。。。。


ホテルの人に土曜日はマーケットが出るという事を教えてもらったので、見に行ってみました。

DSCN0855.jpg
小さな町なのに、かなりのお店と人で賑わってました。
行列のできるパン屋さんがあったり。

DSCN0856.jpg
ディジョンのマスタードは有名だけど、ボーヌも有名みたいです。
いろんなテイストのマスタードがあるのねー
せっかくなので、いろんなテイストのが詰め合わせになっているものと、一番人気のものを自宅用に購入。
あと、英語の先生へのお土産に。
可愛くラッピングしてあるので、プレゼントに最適!

DSCN0857.jpg
ビタミン補給に果物を買っておきました。

いやぁ、フランス語はからっきしで、「Bonjour(こんにちは)」と「Merci(ありがとう)」と「un(1)、deux(2)、trois(3)」しか知らないけど、なんとかなるもんだな。
フランスはあんまり英語が通じない〜
いや、あえて英語を話してくれないだけかな。

カフェで朝ご飯を取った後はいよいよブドウ畑へ。

まずは昨日も行ったコート・ド・ニュイ地区へ。

DSC_0614_20140501062641372.jpg
Misugny(ミュジニィ)

DSC_0615_201405010626426b3.jpg
シャトー・デュ・クロ・ド・ヴ―ジョ
ブルゴーニュ最大のワイン祭り「栄光の3日間」で、利き酒騎士団の入団式と晩餐会の会場となるところ。

DSC_0619.jpg
Echezeaux Grand Cru (エシェゾー)

DSC_0620.jpg

DSC_0625.jpg
Grands Echezeaux Grand Cru

DSC_0627.jpg

DSC_0628.jpg

DSC_0629_2014050106272659e.jpg

どれもおんなじように見える畑だけど、、、
よーく見ると面白い。
上の3枚の写真でも分るように、ちゃんと雑草を抜いてある畑、あえて雑草を残している畑、土がゴツゴツした状態の畑など様々。
これがどういう風にブドウに影響を与え、最終的にどんな味のワインを産み出す事になるのか。
味比べ出来たら面白いんだろうなー

DSC_0630.jpg
Romanee-Saint-Vivant Grand Cru(ロマネ・サン・ヴィヴァン)

DSC_0631_20140501065303b14.jpg

DSC_0632_20140501062730e85.jpg
Richebourg Grand Cru (リシュブール)

畑ばっかでだんだんと飽きてきた私&子供達(笑)
そして子供達は夢の中へ・・・。

しかし、隣で一人大興奮の旦那さん。
いやぁ、こんなテンションの高い旦那さんを見るのは珍しいわ。
畑見てるだけなのに・・・(苦笑)
それも、今日見てる畑のワインは高すぎて、一生に一回も飲めないかもとか言ってるし。

さて、いよいよお目当ての、、、

Romanee-Conti(ロマネ・コンティ)
DSC_0639_20140501070311a80.jpg

DSC_0642.jpg

ブルゴーニュに旅行に行った人のブログを読むと、皆ここの十字架と写真を撮ってるので、十字架を見つけた時には、ちょっとだけ「おぉ!」と思ったよ。でもちょっとだけね。
私、車から下りなかったし(笑)
だって、寒そうだったしー

きっと、旦那さんは歓喜の舞を心の中で踊っていたことだろうよ。

Romanee-Conti、1本100万円するとかしないとか。。。
お高いねぇ。。。

さぁ、もうちょっとお付き合いくださいませ。

赤ワインに分れを告げ、コート・ド・ボーヌ地区へ。

DSC_0652_2014050107031447f.jpg
ドライブしていると、この標識が見えてきます。
「Route des Grands Crus」=特級畑への道(ワインの特級ね)

英語の先生からもとりあえずこのブドウの絵の標識に沿ってドライブしたら、有名所には到着できるからと。
私達もドライブしながら、この標識を見つけては、よしよし、道はあってるなと確認してました。

最後は白ワインで有名な、、、

DSC_0653_201405010703159db.jpg
Montrachet Grand Cru (モンラッシュ)

DSC_0654_20140501070316d64.jpg

本当はワイナリー見学も旦那さんはしたかったんだと思う。
でも今のうちの子供達を連れてのワイナリー見学はかなり難しい。。。
またいつの日かゆっくりと。

ボーヌのホテルに戻って、私&子供達はお部屋でしばし休憩。
その間、旦那さんはワインショップへお買い物に。
またまたご満悦で帰ってきました(笑)

ボーヌに到着。
ここに2泊します。

ホテルで休憩した後は町散策へ。
こじんまりとした町なので徒歩で十分見て周れます。

DSCN0831.jpg
町中でプチトランを見かけました。
ボーヌの町の見どころと周辺のブドウ畑に連れて行ってくれるらしいです。

DSCN0832.jpg

DSCN0833.jpg
1443年に建てられた病院「オテル・デュー」。今も当時の様子を見る事ができるらしいです。
まっ、中には入ってませんので、どんなもんかは分りません(笑)

DSCN0838.jpg
しかし、ボーヌの町にはワインショップがたーくさん!
さすがだわ。
旦那さんはルンルン♪
夢のような町だって。
ちなみに「Magnum」というワインショップには日本人の店員さんが居ましたよ。

それと、こんな小さな町なのに、、、可愛いお店が結構ありました。
洋服だって、マネキンはなんてセンスのいい服を着ているのかしら。
さすがフランス?!
いや、オランダがあまりにイケてないから、そう思ってしまうのかしら??

旦那さんがワインを物色している間、子供達を連れて広場へ。

DSCN0837.jpg
可愛いメリーゴーラウンド発見!

DSCN0835.jpg
「はあ〜い♪」
怖がらずに乗れるようになったね。しょうを道連れにして・・・。

さて、ワインを買い込んできた旦那さんと合流して、ホテルに戻りまーす。

DSCN0841.jpg

DSCN0843.jpg
ノートルダム教会

DSCN0844.jpg
ボーヌで泊まったホテル。「Hotel De La Poste」
町の中心まで徒歩ですぐに行けて便利でした。

DSC_0595.jpg
お部屋もこの寝室の他にもう一室あって、ソファーベッドを置いてくれていたので、4人でも広々寝れました。
DVDプレーヤーがあったので持参したDVDをTVで見る事ができたのも良かったなー。
バスタブとは別にシャワー室もあったしね。
フロントの人もみんな感じのいい人だったし、満足!

今日の晩御飯はホテルのレストランで。

DSCN0847.jpg

DSCN0848.jpg

DSCN0851.jpg

DSCN0852.jpg
評判通り、美味しかったです。
そして、ブルゴーニュワインもとっても。

しかし、最近ほんとゆっくりご飯が食べれない・・・(泣)
めいはYOU TUBEを見させておくと大人しくしてくれてますが、しょうはダメだなー
お腹が多少膨れたら、もうじっとしてられない!!
というわけで、私は子供達を連れて先にレストランを退場。
旦那さんは残りのワインを堪能できたことでしょう〜

その後、鍵を持ってなかった旦那さんが部屋に戻って来たのに気がつかず(お風呂に子供達をいれてたからね)、旦那さんは締め出し状態。
でもバーでブルゴーニュワイン&ビリヤードを楽しんできたようなので、結果オーライということで。

さっ、明日は畑巡りかな?
ルクセンブルグからブルゴーニュ地方まではおよそ3時間。
宿泊はボーヌの町にしますが、ボーヌに行くまでにコート・ド・ニュイ地区に寄って行きます。

DSCN0826.jpg

DSCN0830.jpg
フランスの高速を走っていると、菜の花畑が一面に広がっていました!!
綺麗〜
オランダと違って、丘もあるし、アップダウンがあるからなお綺麗に見えるー!

DSC_0557.jpg
ブルゴーニュのワインは、ワインの名前がそのまま村の名前になっているので、ドライブしていると、ワインの名前が標識に書いてあるわけで、そりゃあ、旦那さんのテンションはあがるわな(笑)

DSC_0590_20140429180238c5a.jpg
やって来ました!
ナポレオンがこよなく愛したというシャンベルタン♪

DSC_0593.jpg
Grand Cruというのは特級という意味で、シャンベルタンの特級畑。
ここから、お高〜い、ワインが産まれるわけですな。
ちなみに私、ワインは詳しくないので、ほとんど旦那さんから得ている知識ですので(笑)

DSC_0560.jpg

DSC_0559.jpg

DSC_0561.jpg
芽が出始めてます。

これからどんどん大きくなって、葡萄が生るのね。
秋には綺麗な景色になるんだろうなー

明日はがっつり畑巡りをするので今日はこの辺でボーヌへ向かいます!

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。