プロフィール

yuka

Author:yuka
娘(めい)・・・2010年8月2日生まれ
息子(しょう)・・・2012年6月16日生まれ
パパとママの4人家族です。


最新記事


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


最新コメント


カテゴリ


FC2カウンター


展望台レストランで一眠りした子供達。
起きたら、公園で遊びたーい!!と言うことで、ライ湖の近くにあった公園で一遊び。

DSC_0381_201408111802475b9.jpg

DSC_0395_20140811181203499.jpg

DSC_0401_20140811180248ff7.jpg

DSC_0419_20140811180249120.jpg

DSC_0423_2014081118120520d.jpg

DSC_0424.jpg

DSC_0437_20140811180253a59.jpg
やっぱり公園遊びが子供達には一番楽しいのかも。
ロートホルン展望台の方へ向かって山登りしていた父が山を下りて来て、ちょうど遭遇。

IMG_9984.jpg
しょうとじいちゃん。
きっと将来、いい思い出になるだろうな。
一緒にスイスを山歩きしたんだよってね。

DSC_0427_20140811181435a96.jpg
いい笑顔^^

DSC_0448.jpg

DSC_0426_201408111812064ed.jpg
逆さマッターホルン、なかなか見れません。
ちょっと風があったからなぁ〜。残念。

IMG_9969.jpg
こんなとこで泳いでいいのかしら?
って言うか、波立てたら、逆さマッターホルン見えないじゃん!(怒)

がっつり遊んでから、またケーブルカーに乗って、ツェルマットまで戻りました。
DSC_0487_20140811181436bc3.jpg

アパートメントに戻ってゆっくりお風呂で疲れをとって、最後の晩餐へ。
最後はやっぱりチーズフォンデュを食べたい!
で、いろいろネットで調べてみると、まあスイスのチーズフォンデュってどれも評判がイマイチ。
というのもスイスのチーズフォンデュは白ワインをかなり入れてあるので、匂いもかなりキツイらしい。
それでもせっかくなので美味しいチーズフォンデュはないものかと調べて辿り着いたレストランがここ。

IMG_0054.jpg
ツェルマットの駅からもすぐの「Rosstall」
ちょうど入ろうとした時に日本人観光客の団体さんも一緒になりました。
ツアーでも使うレストランと言うことは、日本人好みの味なのかも♪と期待。

P1090090.jpg
トマトチーズフォンデュを頼んでみました。
そんなに白ワイン臭くもなく、美味しい♡
別で頼んだステーキも美味しい。
やったー☆

ちなみに日本で食べるチーズフォンデュと違って、こっちは付け合わせはパンとジャガイモだけ!
P1090110.jpg
こんな袋に茹でた芋がどっさり(笑)
野菜が欲しくなるわ・・・。

P1090109.jpg
こちらもスイスの名物料理「ラクレット」
チーズの切り口を溶かしてジャガイモに絡めて食べるもの。
付け合わせの玉ねぎやピクルスを絡めても美味しかったよ。
このチーズがまたなんとも美味しい!さすが、スイスチーズ♡ (オランダのチーズも美味だけどね)

で、このレストランはこれを注文すると食べ放題になってるので、チーズがなくなったら、お代わりを要求するんだけど、なんせちょっとの量しか一度には来ないので、何度も何度もお代わりを頼む事に。
それでも嫌な顔せずに持ってきてくれたけど、かなり店員さんにとっても面倒くさいと思うのだけど。

P1090111.jpg
そしてこの白ワインがとっても美味しかった!
チーズにめちゃめちゃ合う♡

大満足、お腹いっぱいの最後の晩餐でした^^

IMG_0035.jpg
おまけ☆駅前でまたまた馬に立ち止まるしょう。
スネガ・パラダイスからのハイキングコースはツェルマットまでの約7キロコース。
所用時間は約2時間10分とな。
さすがに子連れでこの距離は無理だろうなーと思ったので、目的地は途中にあるフィンデルン村にあるレストラン。
なんでもアップルパイが美味しいとか♡
ここでお茶してスネガ・パラダイスに戻って来よう。
なんちゅう理由で目的地を決めるんじゃい!

DSC_0346_20140802071155c1e.jpg
さぁ、張り切って進むよー
って言うかずーっと下りが続きます。

DSC_0347.jpg
エッゲン(Eggen) 古い羊小屋が並んでいます。

DSC_0350_201408020711575da.jpg
いい景色☆
、、、でもこれずっと下るの??

DSC_0352_201408020711590c1.jpg
細い道を下って行きます。

DSC_0353_201408020712002cb.jpg
目指すはここ。
ここまで下りて戻ってこれるのか??
不安を抱えつつ・・・。

DSC_0356_20140802074551a4b.jpg

DSC_0357_20140802074553490.jpg
しょうを頑張って歩かせられた原動力はこれ。
もうちょっと歩いたら牛に会えるよ(笑)
これだけ牛がまじかに居たら、臭い・・・。

DSC_0368_20140802074556569.jpg
見えた!目的地のレストラン。

DSC_0366.jpg
Chez Vrony

DSC_0360_20140802074553ad4.jpg
テラス席は気持ちいい〜
まだ誰もお客さんが居なくて貸し切り。

DSC_0363.jpg
残念ながらアップルパイはなかったけれど。
旦那さん曰く、ワインメニューもかなり充実していたらしい。
こんな山間いに素敵なレストランがあったものだ。

さぁ、どうしようか?
来た道上る??
このまま下りてツェルマットまで歩く??
とは言え、ツェルマットまではまだ5.5キロくらいあるし・・・。
うーん。
よし、戻ろう。

と言うわけで、来た道を戻る事に。
いやぁ、相当な坂道でキツイ・・・。

少し行ったらしょうがぐずぐずに。眠いのもあってもう荒れ放題。
仕方なしに旦那さんが背負って歩くことに。そしてそのまま就寝。

めいは半分くらい頑張ってから、「眠い、眠い」とグズグズ言い出したけれど、2人は背負えないし(荷物もあるから)、なんとか励ましながら歩いてもらったよ。
大人の足でも結構キツイ戻りでした。最後まで歩いためいは本当にえらい!

DSC_0370_201408021622383e2.jpg
戻ってこれた〜。ふぅ。
下って行った方が楽だったかなあ??

DSC_0369_20140802162237ab1.jpg
めいも眠さで限界っぽかったので、スネガ・パラダイスのレストランで2人を寝かせてしばらく休憩する事に。
日差しが暑い・・・。
部屋から見えるマッターホルン
今朝も綺麗に見えてラッキー☆
DSC_0284_201408020623190ce.jpg

さぁ、今日はスネガ・パラダイスへ。
DSC_0293_201408020623207cf.jpg

DSC_0295_20140802062321c04.jpg
地下ケーブルカー駅までは徒歩で15分ほど。

DSC_0306_20140802062323ae7.jpg
今日も元気一杯!

IMG_9901.jpg
これに乗ります。

☆Zermatt→Sunnegga paradise (ケーブルカー) CHF 8.00 (スイスフレキシーパス利用なので半額料金)

本当は父はスネガから乗り換えてロートホルン・パラダイスまで行きたかったのですが、残念ながらメンテナンスでゴンドラが動いていないとのこと。
かなり残念がってました。

まっ、私達の目的地はスネガ・パラダイスなので問題なし(笑)

ケーブルカーはなんとたったの3分!
あっという間に到着です。
IMG_9919.jpg

DSC_0307_2014080206364396e.jpg
マッターホルンはちょっと隠れてますねぇ〜

IMG_9902.jpg
駅を出て少し下るとライゼー湖があります。
ここも逆さマッターホルンを見れる絶好の撮影スポット。

DSC_0312_2014080206364556b.jpg

DSC_0313_20140802064302482.jpg

DSC_0317_2014080206455606f.jpg
子供達は石遊びに夢中。

DSC_0322_20140802064304f28.jpg
犬が気持ちよさそうに泳いでいたよ〜

DSC_0328.jpg

父はゴンドラが止まっていたので、歩いて山を登りに行きました。
私達は一遊びした後、ハイキングへ。
ローテンボーデン(Rotenboden)の駅から一駅分ハイキングをします。
先にゴルナーグラート駅から歩いて下山していた父といい具合に再会しました。

IMG_9816.jpg
めいが眠い眠いとパパにおんぶされてます。
しょうは元気、元気!

IMG_9819.jpg
リッフェル湖が見えてきました。

DSC_0185_20140802050255290.jpg
天気が良くて、風がなければ綺麗な逆さマッターホルンが見られるスポットです。
今日はちょっと風があって波が立ってるから難しい〜

DSC_0192_20140802050257534.jpg
魚がいっぱい。

DSC_0198-1.jpg
魚に興味津々のしょう。
写真撮るよーと言っても、じーっと魚を見ています(笑)

DSC_0206_20140802051304b82.jpg
ちょこっとだけ、先端が湖に写ってる!

IMG_9826.jpg
さぁ、めいも歩き始めましたよ〜

DSC_0237.jpg
どこまでもいい景色。
そしてどこまでもマッターホルンが美しい。。。

IMG_9832.jpg
マッターホルンを眺めながらのランチタイム。
贅沢〜♡
例えおにぎりだったとしてもね。

DSC_0225_20140802051307c67.jpg

DSC_0231-1.jpg
ええ眺めだわ〜

このあたりは高山植物も沢山咲いていました。
hana_201408020518404e6.jpg

hana-1.jpg
小さなお花が逞しく咲いていました。
絶対にとっちゃダメだよね。
ちゃんと子供達にも言って聞かせました。

DSC_0253_20140802052414fdc.jpg
さぁ、先に進むよ。

DSC_0260_20140802052415bce.jpg
どっちに行けばいいのかしら?

DSC_0263_20140802052416285.jpg
なぜか石集めに必死になり始めためい。
それも結構でかい。

DSC_0267-1.jpg
分岐点で、私達は距離の短いコースを選択。父は距離の長いコースを選択。
それではバイバーイ!

IMG_9844.jpg
パラグライダー
気持ち良さそう〜

しょうは途中で寝ちゃったのでパパのおんぶ。
もうすぐ駅だーという所から雪が積もっている道を歩かないといけなく、滑りそうで怖かった〜
しょうをおんぶしているパパが滑りかけて、ひやっとしたわ。

IMG_9847.jpg
リッフェルベルク(Riffelberg)に到着
またしても先ほど別れた父と再会。

IMG_9848.jpg
私達はここから電車に乗ってツェルマットまで戻ります。
父はまたここから歩いて3時間程かけてツェルマットまで下山してゆきました。
しかし、よく歩くねー、父。

子供達もよく歩きました!
お花を探したり、石を集めたり、虫を探したりと楽しかったね。
意外に子供達も歩けるもんだね。
でも子連れのハイキング客には会わなかったなー

今日のハイキングコースはかなり気持ちが良かった。
旦那さんともちょっと山歩きっていいねーなんて話したりして。
まっ、出来れば子連れでなくサクサク歩きたいところだけどね。

☆Riffelberg-Zermatt (ゴルナーグラート登山鉄道) CHF 15.50 (スイスフレキシーパス利用なので半額料金)

今日は疲れたのでお家晩御飯。
IMG_9871.jpg
明日はチーズフォンデュ食べるぞ!
6月26日(木)

ツェルマットと言えばここでしょう♪
ゴルナーグラート展望台へ。

ツェルマット駅の向かいにあるゴルナーグラート登山鉄道駅から出発です。

☆Zermatto-Gornergrat (ゴルナーグラート登山鉄道)  CHF21.00 (スイスフレキシーパス利用なので半額料金)

登山鉄道に乗り、標高3000mのゴルナーグラート駅まで一気に上って行きます。
IMG_9705.jpg

IMG_9719.jpg

電車に乗った時点で、すでにイイ感じにマッターホルンが見えて、かなりテンションあがる私達。
IMG_9729.jpg

景色はだんだんと雪景色に。
IMG_9725.jpg

DSC_0047_20140801215340749.jpg
下り電車が丁度いい感じで写真に入ってます。

IMG_9730.jpg

そしてゴルナーグラート駅に到着。
駅前で写真撮影。
意外にもツアー客の人はここに長居はしなかったので、ゆっくり写真撮影出来ました☆

DSC_0057_201408012153415e4.jpg
しょうとマッターホルン

DSC_0072-1.jpg
めい&パパとマッターホルン

ちょっと雲がかかってはいるけれど、これはこれで味わいがあっていいなぁ〜♪

DSC_0101_20140801215344acd.jpg
展望台までは急な坂道を上って行きます。
頑張って歩く子供達。

IMG_9744.jpg
所々で名物犬と記念撮影が撮れますよー

DSC_0104_20140801215850788.jpg
頑張って歩いたご褒美はアンパンマンのチョコレート。

食べたら雪で遊びだす子供達。
DSC_0130_20140801220152fb5.jpg

DSC_0131-1.jpg
山には興味ないわな(笑)

DSC_0148_201408012158549c0.jpg

IMG_9786.jpg
もの凄い存在感のマッターホルンです。
はぁ、素敵・・・。

DSC_0132_20140801215853fe9.jpg

DSC_0147_20140801220154c1f.jpg
とにかく360度山、山、山。
自然の壮大さを感じずにはいられません。

動画で撮ってみました。


マッターホルンを十分堪能して下りる事に。

DSC_0157_20140801215856eee.jpg

DSC_0161_201408012207136fb.jpg

DSC_0152_2014080122071225b.jpg
、、、がしょうが急に大泣きし始めました。
抱っこしてもグズグズでどうにもこうにもならず・・・。
この写真、私の顔は相当いがんでます。。。

その時、外人さんのツアーコンダクターの方だと思うのだけど、近寄って来てくれて、恐らく急に高度が上がったから耳が痛いのかも、子供は特にそうなりやすいから、少し休憩して、甘い飲み物やチョコレートでもあげなさいと助言されました。
もっと子供の体調、しっかり見てあげなきゃと反省。

というわけで、父はここから歩いて下山。
私達はレストランで休憩していくことにしました。

IMG_9746.jpg

DSC_0164.jpg

DSC_0176_20140801220716fb0.jpg
しょうもこの通りの笑顔に^^ 良かった!

DSC_0183_20140801221834e51.jpg
さぁ、一駅分、電車で下山します。

☆Gornergrat-Rotenboden (ゴルナーグラート登山鉄道) CHF 5.00 (スイスフレキシーパス利用なので半額料金)
さてスイス旅行記に戻ります(笑)

ツェルマットに到着後、ヨーロッパで最も高い位置にあるマッターホルン・グレッシャー・パラダイスの展望台に行こうと出発。

IMG_9606.jpg
駅前にはいつもホテルへの送迎馬車が。
ちなみにツェルマットはガソリン車の乗り入れが禁止されているのだそう。
電気自動車のバスやタクシーが走っていました。
なんてエコな村なの!!

そして馬が大好きなしょう、もう毎度大興奮。
一度タッチしに行くと、ここを通る度に「タッチ、タッチ」と触りに行く事を要求するように。

IMG_9609.jpg
ツェルマットの村(町?)はまた味わいのある佇まいです。
ここがメイン通り。

IMG_9611.jpg
ドルフ広場にある教会

IMG_9613.jpg
マーモットの泉

IMG_9620.jpg
展望台行きのロープウェイ乗り場まではホテルから30分ほどだったかな。
ぶらぶら散策してやっと到着、、、がお目当てのマッターホルンは村から眺めても頂上が雲の中。
うーん、展望台に行っても綺麗に見れる可能性は低いような・・・・。
ちょうど下りてきた日本人ツアー客のおばさま達に聞いたら、やっぱり綺麗には見れなかったと。
マッターホルンは明日の楽しみとして、今日はツェルマットの村を散策しま〜す。

IMG_9621.jpg

IMG_9628.jpg

IMG_9647.jpg

IMG_9632.jpg
どこもお花が綺麗に飾られてます。

IMG_9637.jpg
マッターホルン。うーん、やっぱり雲がかかってて全然見えなーい。

IMG_9682.jpg
「ネズミ返しの小屋」
カラマツで造られた高床式倉庫。
この地方独特の造りになっているんだそうです。

ちなみに日本語案内所はまたOPENしてませんでした。まだオフシーズンなの??6月ってハイシーズンじゃ??
こんなに村には日本人がうようよ居るのになー

IMG_9664.jpg
これは駅前のインフォーメーションオフィス。
この羊、どうやらツェルマットのマスコットキャラクターらしい?
至る所でお目にかかりました。

IMG_9610.jpg
さて、この旅行初の外食です。

Derby」(ダービー)というレストランでオイルフォンデュを頼みました。
ホントはチーズフォンデュが食べたかったのだけど、このレストランにはチーズフォンデュがなかったのー

IMG_9672.jpg
牛肉を串に刺して、オイルの中でしばしジュージュー。
(衣つけたら、大阪名物の串カツやん!)

IMG_9675.jpg
何種類もあるソースを好みでつけて頂きます。
オイルフォンデュってこんなのなんだねー

お料理は全般的にまあまあ美味しかったです。
でもやっぱりチーズフォンデュが食べたかった。。。

 | BLOG TOP |