プロフィール

yuka

Author:yuka
娘(めい)・・・2010年8月2日生まれ
息子(しょう)・・・2012年6月16日生まれ
パパとママの4人家族です。


最新記事


カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

月別アーカイブ


最新コメント


カテゴリ


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ツアーには付き物のお土産屋さん巡り。
ただツアー客は私達だけだったから嫌だと言えば行かなくてもよかった感じだったけど。
お土産にエジプト人が頭に巻いてるスカーフを買いたいなぁと思っていたので案内してもらいました。

DSC_0373.jpg

記念にガイドさんに頭に巻いてもらう。
普段スカーフとして使えるように、肌触りのいい、あんまり派手派手ではないこちらを購入。
しかし今日みたいな風の強い日だと、頭に巻いてると髪の毛は吹っ飛ばないし、暖かくていいもんだ。

その後、パピルスのお店に行きました。
最古の紙として使われたパピルス。
その紙の作り方を見せてくれました。

DSC_0375.jpg
これがパピルス草。
切るとなんと切り口が三角なのです。それがピラミッドを表しているとして特別な意味があったそう。

好きな大きさに切ってから皮をはぎ、水分と糖分を取り出し、水につけて何日か置く。
それを格子状に並べて乾燥させれば紙ができあがるとな。
お店ではその紙にいろんな絵が描かれたものが売られていました。

古代エジプトらしいものから風景を描いたものが沢山あって、買おうか悩みましたが、うーん、どう考えてもリビングには合わないしなぁ~、そこそこ値段がしたので、飾らないなら買うのはもったいないという結論に達し、止めることにしました。

最後に案内されたのはカルトゥーシュという金銀細工のお店。
名前を象形文字にしてカルトゥーシュ(ペンダントトップ)に入れてもらえます。
可愛かったけど、さすが金!
お値段は可愛くなかったよ。

さて、ホテルまで送り届けてもらい、ツアーは無事終了。

昨日送迎をしてくれた人が勧めてくれたコシャリなるものをランチにすべく街に出てみました。
エジプト革命の舞台となったタフリール広場。
今は車は立ち入ることができなくなっていて、行ってみると、そこはホームレスのたまり場となっていました。
小さな子達にたかられる私達。
やっぱりこのあたりの治安はあんまりよくなさそう。

それから路地に入って行くとエジプト人のおじさん達が水タバコをプカプカと嗜み中。
アジア人の子連れだからか目立つ目立つ。
みんなにじろじろ見られながら目的地を目指します。

エジプトの街はなんだかインドをどことなく思い出させました。

そうこうしていると目的地に到着!

P1050526.jpg
人気のコシャリ店らしい。

P1050525.jpg
2階に案内されました。
1階はすでに満席。テイクアウトもできるようで、1階はそんな人達でごった返していました。

さて、アラビア語は全くできないのでメニュー読めるかなぁと心配していましたが、お店の人に「two コシャリ?」と聞かれて「yes」と答えると終了。
特にメニューはないみたいね。
ほっ。

P1050522.jpg
こちらがエジプト庶民の味「コシャリ」
お米、マカロニ、スパゲティー、レンズ豆が混ざったものにトマトソースをかけて食べます。
上に乗ってるのはオニオンフライ。
好みで辛ソースとお酢をかけます。

これ、結構美味しかったです。
お酢をかけて食べるのが私好みでした。
と言ってもかなりボリューミーだったので4分の1くらいは残してしまったけど。

ちょうどめいもお昼寝していたので、ここは私と旦那さんとで頂きました。
やっぱりちょっと子供に食べさせるのには勇気がいる。

さてお次は考古学博物館に向います。
やっぱりここは外せないね。

P1050530.jpg

P1050531.jpg

P1050532.jpg

P1050533.jpg

中は撮影禁止だったので写真はありませーん。(別料金を払えば写真撮影もできるらしい)
なんというかとーっても貴重なものばかりのはずなのに、どこか骨董品屋にでもいるような、はたまた石材置き場にいるようなそんな感覚に陥る内部でした。
やっぱり先進国の博物館とは全然違う。

それでもやはりツタンカーメンの黄金マスクは光り輝いてました。

さてやはりここに来たからには見ずには帰れないミイラ。
ミイラ展示室は別料金。
薄暗く、窓もない小さな部屋にラメセス2世を始め11体にミイラが並んでいます。
包帯が剥がされ、生生しいものから、包帯でぐるぐる巻きのままのものまでありました。
めいなんかにこんなの見せて大丈夫か?と少し心配になりました。

なんというかとっても異質な空間でした。
3000年という時を経て私達に姿を見せてくれているファラオ達。
エジプトの歴史はやっぱりすごいなと改めて思う。
もっと詳しく勉強しとくんだったなー

考古学博物館、かなり広いです。
さらっと見て周るだけでも2時間くらいはいたかな。
子供達を抱っこしてだからかなり疲れたー><

*考古学博物館*
入場料 60.00L.E.(約810円)
ミイラ室入場料 100.00L.E.

さぁ、今日はもうホテルでゆっくりするよ~

今回ホテルの部屋をClub roomにしたのでClub loungeが使えました。
ここではいつ行ってもソフトドリンクやコーヒー、紅茶が無料で飲め、お昼にはhigh tea、夜はHappy hourとしてお酒や軽食も食べれます。
これがとっても便利だったー。
今日はhigh teaもしたし、晩御飯もここで軽く済ませちゃいました。

P1050551.jpg
ベビーベッドでじゃれ合う2人。

明日からはビーチでのんびり過ごすよ~♪
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。