プロフィール

yuka

Author:yuka
娘(めい)・・・2010年8月2日生まれ
息子(しょう)・・・2012年6月16日生まれ
パパとママの4人家族です。


最新記事


カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

月別アーカイブ


最新コメント


カテゴリ


FC2カウンター


いよいよめいがVoorschoolに通いだしました。
オランダではたいてい2歳半(市によっては2歳)からVoorschoolかpeuterspeelzaalに通うようです。
Voorschoolとpeuterspeelzaalの違いは上手く説明できないので割愛(笑)

1歳半の時にウェイティングをかけて、まだまだ先の話し~と思っていたのにあっという間に2歳半になっちゃいました。
一日2時間半~3時間と時間は短いのですが、週4日通います。

なんせ人見知りが激しい我が娘。
心配で心配でたまりません。

幸い園内開放に通っていたので、場所と先生も多少は知っているというのが救いかな。

ではこの1週間の記録を。

月曜日(初日)
私が書類やなんやかんやを記入している間、楽しそうに玩具で遊んでいためい。
園内開放の日と思ったのかも。
今日はずっと付いてるものだと思っていたら、途中で、じゃあお母さんとバイバイねと先生がおっしゃり、、、
1時間ほどは一緒に居て、さあ部屋から出ようとしたら号泣。
その後もずっと泣いてたようで、持たせたランチには手を付けず。

迎えに行った時は園庭にいたのですが、端っこの方でずっと下を向いて涙を堪えているようでした。
その姿がなんとも可哀想で見てられなかったよ。
私の顔を見た瞬間、堪えていたものが弾けてか大号泣。

めいは「ママがいなかったから、めいちゃん、ずっと泣いてた。。。」って。
でも「せんせいはやさしかったー」「おともだちたくさんいたねー」とも言ってました。

火曜日(2日目)
最初の40分ほどは一緒に居て、なんとか説得してその場を離れようとしたけど、説得しようとすればするほど、めいは泣いて「一緒にいくー」と言うので、先生には「あんまり長い時間話しても辛くなるだけだから、さっと出ていった方がいい」と言われました。
ということで、号泣している我が子を残して部屋を去りました。
本当に辛いわぁ~
世のお母さん達はみんなこんな思いをしつつ我が子を保育園や幼稚園にいれてるんだよねぇ。

この日もやはりずっと泣いていたようで、ランチの時も怒って何も食べようとはしなかったようです。
迎えに行った時は席に座ってはいたけど、ずっと泣いていたのが分かるくらい顔がぐちゃぐちゃでした。

泣いてる我が子を見てると、3歳くらいまでは一緒に居てあげたほうがよかったんじゃないかとか、言葉の通じない現地の幼稚園にいれたのは間違いだったのかなぁとかいろんな思いが頭をぐるぐる。
しばらくは私にとっても試練の日々になりそう。

水曜日(3日目)
今日は3時間預けます。
こんなに長い時間大丈夫かなぁととっても心配でした。
5分ほど一緒にいて私は立ち去る事に。
やはりめいは号泣。

でも先生の話しだと、最初の1時間は泣いて、ソファーの所で寝てたらしいのですが、その後他の子供達と遊んだり、みんなとランチをしたりしたそうです。
ランチに持たせてたサンドウィッチも少しだけ減ってました。
「今日はとってもいい子にしてたよ。びっくりしたわー」と先生に言ってもらえて涙が出そうになるくらい嬉しかったです。
めい、頑張ったんだね。
何度も「えらかったね、えらかったね」と言ってあげたらとっても嬉しそうにしてました。

木曜日(4日目)
朝出かける前から若干甘えモード。
Voorschoolが見えると、「行きたくない」だの「お家に帰る」と言って泣きべそ。
無理やり連れて行き、めいを預け、部屋を立ち去る時は今日も号泣。

迎えの時は今日も園庭に居て、めいには見えないところから様子を伺ってたら、1人でじーっと何かをしてたり、先生や他の子供達と雪を見てたりしてました。

私を見つけると「ママが来た!」と先生に向かって叫んでました。
顔をみた瞬間は少し泣いたけど、今日はすぐに「抱っこー」とは言わなかったよ。

先生に話を聞くと、朝別れた後はしばらく泣いてたけど、これは普通の事で、しばらくしたら楽しそうにパズルをして遊び出したとか。
ランチもちゃんと食べたと。
確かにサンドイッチは半分くらい減ってました。
それと日本語でかなり先生に話しかけていたみたい。
先生が、何を言ってるのかはわかんなかったけどねー(笑)とおっしゃってました。
帰り際には先生に「ダー(オランダ語でバイバイ)」と言って投げキッスまでしてました。
おっ、これはかなりいい感じなのでは?と嬉しくなったのですが。。。

家に帰ると、「幼稚園にはもういかない」だの「お友達きらい」だのネガティブな発言ばかり。
幼稚園の話題をするだけで泣きべそをかくように。

はぁ、どうなることやら。
頑張れ!めい!

nenne.jpg
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |