プロフィール

yuka

Author:yuka
娘(めい)・・・2010年8月2日生まれ
息子(しょう)・・・2012年6月16日生まれ
パパとママの4人家族です。


最新記事


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


最新コメント


カテゴリ


FC2カウンター


ついにめいがVoorschoolを卒業する日がやってきました。
実際には明日が最後になるのだけれど、明日は夏休み前の最後の日ということで、生徒&親全員でAmstel Parkへ行くので、めいの送別会は今日してくれることになりました。

さて、送別会ということでいろいろ用意しないといけないものがあります。
オランダでは誕生日会や送別会となると、誕生日になる人が皆にお菓子やプレゼントを配ることになります。
というわけで、私も子供達に配るプレゼントを準備。
P1060886.jpg

P1060887.jpg

お菓子の詰め合わせに2人の写真を付けてみました。しょうも送り迎えの時に皆に沢山かまってもらったので。

それとバナナマフィンを焼きました。

いつものお迎えより45分早く来てくださいということでした。本当はパパにも来てもらいたかったのだけど、仕事が抜けれなかったようで残念でした。

さて、私が到着すると、めいの送別会を開いてくれました。
お誕生日席に座るよう先生がめいに言ってくれたんだけど、、、

P1060897.jpg
泣いてます。。。
めいの中で、この席に座るのはお誕生日の時だけという認識があったようで、「今日はめいのお誕生日じゃない!!」と私に訴え、どうにもこうにも座ってはくれませんでした。。。(泣)
先生がせっかく作ってくれた王冠も「嫌だ―!!!」と言って被らなかったし。。。先生ごめんね。。。

みんなでお別れの歌を歌ってくれ、そして先生からプレゼントをもらいました。
そのあとは私が作ったマフィンをめいがみんなに配りました。
P1060924.jpg
なぜかお菓子を配るという行為だけは前日からかなり気合いが入ってました。
「めいがみんなにお菓子を配るからねー!!」と何度も何度も言ってました。
いつもお誕生日会の時とかにお友達が配ってくれるプレゼントを自分も配りたいとずっと思っていたようです。
残念ながら、お誕生日会ではなかったけどね。

めいがVoorschoolに通いだしたのは2月に入ってからなので、約5か月という短い期間でした。
日本語が全く通じない環境で、私から初めて離れて過ごす園生活、この子はやっていけるんだろうかと本当に心配でしたが、いざ通い始めると、最初の2週間こそ泣いていたものの、それからは嫌がらずに通ってくれました。

最近では、あまりに支度が遅いめいに「もう、幼稚園お休みするって先生に連絡するよ!!」と言うと泣きながら怒って携帯電話を奪いにくるくらい、幼稚園に行くのを楽しみにしているようでした。

特定のお友達はいなかったように思うけれど、何人かのお友達の名前はよく口にしていました。
オランダ語で会話ができないので、お友達に言いたい事も言えずしんどい思いもしていたんじゃないかなぁと思うと、本当によく頑張ったねと褒めてやりたいです。

いつの間にか帰り際にはお友達とお友達のママに、大きな声で「バイバイー」と言えるようになりました。
家ではオランダ語の歌を口ずさんでいたり、私の知らないオランダ語を使っていたりと、毎日私を楽しませてくれました。
子供の適応力はさすがです。でもきっとめいがいっぱいいっぱい頑張ったからなんだろうね。
P1060927.jpg
せっかく慣れてきたのに、みんなとお別れするのは寂しいね。。。

私自身反省点も。お友達のママともっと積極的にお友達になりにいくべきだったなぁと。
ママ同士が仲良くなれば、子供同士も仲良くなるきっかけになったと思うし。
やっぱり私の中でもオランダ語は壁だったなぁ。。。情けない。。
しょうがいるとどうしてもゆっくりお茶でもしましょう〜なんて誘えなかったし。
今回の反省を次に生かそう。
インターに行けば私も英語で会話すればいいので、今よりはずっと楽。
私も頑張るよ〜

P1060943.jpg
お家に着いてから、先生にもらった王冠をかぶって喜んでます。
遅いよぅぅぅ(泣)

先生からもらったプレゼント
P1060942.jpg
ナイスです☆これでめいが髪をくくらせてくれるようになったら最高〜♪

P1060946.jpg
めいの作った作品や、園での写真なんかをスクラップしてくれました。
とってもいい記念になります。

P1060930.jpg
5か月間、本当にお世話になりました。ありがとう。
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |