プロフィール

yuka

Author:yuka
娘(めい)・・・2010年8月2日生まれ
息子(しょう)・・・2012年6月16日生まれ
パパとママの4人家族です。


最新記事


カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

月別アーカイブ


最新コメント


カテゴリ


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ドゥオモを見た後はウィンドウショッピングをしながら、シニョリーア広場へ。

DSC_0382_201310280659401ee.jpg

DSC_0381_201310280659392ad.jpg
彫刻がずらーり。野外美術館みたい。

DSC_0383_20131028065942c5c.jpg
めいは馬に釘づけ。
「お馬さん、見たーい!!」って言って動こうとせず。


DSC_0384-1.jpg
「ヴェッキオ宮」→現在は市庁舎
14世紀に建てられ、メディチ家の繁栄を感じる豪華な内装が特徴とのこと。

私達はヴェッキオ宮には入らず、次なる目的地、ウフィッツィ美術館へ。

ガイドブックによると、事前にチケットを買っておいた方がいいとか、当日は完売している可能性があるとかいろいろ書かれていて、まぁ、今日の分が取れなかったら明日か明後日でもいいよねーなんて言いながらチケット売り場に行ったのですが、、、、。

誰も並んでないし・・・・

余裕でそのまま入場できたし・・・・

ガイドブックの情報なんてあてにならないもんだなぁと。
そんなに混んでない時期だったのかもしれないけど。
まぁ、簡単に入る事ができたので、なにはともあれラッキーです。

館内は撮影できないので、写真はありません。
館内は私と旦那さんの一番興味のない宗教画がずらり(笑)
子供達はもっと興味なし。
というわけで超駆け足観賞。

それでもやはり見どころのボッティチェッリの「春(プリマヴェーラ)」と「ヴィーナスの誕生」ははずせません。

400px-Botticelli-primavera[1]

Sandro_Botticelli_-_La_nascita_di_Venere_-_Google_Art_Project_-_edited[1]
 
⋆撮影は出来ないので、画像はWikipediaより拝借。

教科書でも必ず見るこの絵。実物が見れてやはり感動。
じっくり見れば見るほど面白い。とても綺麗な絵でした。

この美術館で私が気に入ったのが長い回廊の天井を飾るフレスコ画。
ほんとずっと上を向いて歩いていたくなるようなそんな感じでした。

DSC_0387-1.jpg
ウフィッツィ美術館から眺めるヴェッキオ宮。

かなりお疲れのご様子の娘。
「早く、お外に行きたーい!!」
というわけで駆け足観賞はさらに駆け足となり・・・。
まっ、見たいものは見れたからよしとしよう。
子連れだとこんなもんよね。

DSC_0391.jpg
外に出ると急に元気になる。
踊りまくってます(笑)

DSC_0394_2013102807440119f.jpg
川沿いに出てきました。

DSC_0398_20131028074403cd6.jpg
おぉ、あれが「ポンテ・ヴェッキオ」ね。

DSC_0405.jpg
歩いてみましょ♪
橋の上は彫金細工店や宝石店が立ち並び、キラキラ、キラキラ。目がクラクラするくらいの金、金、金です(笑)

DSC_0406.jpg

DSC_0407_20131028075112fcf.jpg
橋の上からの景色。

橋を渡りきり、ランチにと目星をつけていたレストランを探しに。

DSC_0438_201310280751138a9.jpg
歩きたくてしょうがないしょう。寄り道、寄り道で全然前に進みません。。。

DSC_0445.jpg
上の写真とこの街並みの写真はベビーカーに乗りながら撮っためいの作品。
なかなかいい写真があるもんです。

スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。