プロフィール

yuka

Author:yuka
娘(めい)・・・2010年8月2日生まれ
息子(しょう)・・・2012年6月16日生まれ
パパとママの4人家族です。


最新記事


カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

月別アーカイブ


最新コメント


カテゴリ


FC2カウンター


めいがインターに復帰して早1か月ちょっとが経ちました。
ちゃんと通えているのか、日本の家族は気にしてくれていると思うので、近況報告を。

復帰したての頃は毎朝、「幼稚園行きたくない」と泣いてました。
夜中にうなされていることもあったな。
トイレにちゃんと行けるかが心配だったので、私が教室にずっとついていたのですが、久しぶりの環境に先生を拒否、お友達を拒否が続き、私が少しでも離れようとすると大泣き。
面談でもこのまま母子分離ができないと上の学年にもあがれないし、また新学期からやり直した方がいいかもと言われ、うーん、どうしたらいいものかと。

先生と相談して、とにかく「幼稚園=楽しくない所」というイメージを強く持ってしまっていたので、とにかく短い時間でもいいから幼稚園が楽しい所という印象を持てるようにしていきましょうということに。

というわけで、それからは毎日学校に送り届けて、最初は1時間後にお迎え、次は1時間半後、というふうに少しづつお迎えの時間を延ばして行き、今は朝の8時半に送り届け20分〜30分は教室に残り、一旦バイバイし、ランチが終わる12時半〜1時くらいにお迎えにいっています。
母子分離は思ったより苦労せず、私が去った後、初日は5分泣き、翌日1分泣き、その次からは泣かずにバイバイできました。先生の配慮により、もともとは週3で通っていたのですが、慣れるまではと、今は週5で通っています。

そして、母子分離をし始めてから、めいが大変身を遂げています。
少しづつ、先生にも慣れ、お友達にも慣れ、幼稚園を楽しめるように。
毎日、迎えに行ったら、先生に「とってもめいはハッピーに過ごしていたよ。」「全くもって大丈夫!」「前とは全然違うわよ。大きく成長しているわ」など言ってもらえるように。

英語の壁はやはりあり、お友達の輪にぐいっと入っていくのはまだ難しいようですが、少しづつ絡みに行ってるみたいだし、コミュニケーションを取ろうともしているらしい。
きょうはOO(生徒の名前)と一緒にOOして遊んだよ。とかOOと一緒に手を繋いでジムに行ったよ、とかたまに嬉しそうに報告してくれます。
英語は全然しゃべれないけど、積極的に過ごしているようでほっとしました。
教室で「めい英語」なる意味不明の言葉だけど、響きだけ英語っぽい言葉を使っていたよ。
絶対にお友達には通じてないけど。。。。話そうという思いが大事だからね。頑張るのだ!
あっ、でも最近「See you tomorrow!」がちゃんと言えるようになったよ!

帰りに「楽しかった?」と聞くといつも「うん」と答えてくれるようになりました。
絶対に嫌だと拒否していたジムの時間さえ、今はとっても楽しいらしい。
幼稚園で覚えてきた英語やスペイン語の歌を家で歌ったりしています。

朝、寝起きに機嫌の悪い事がしばしばあるのですが、今朝もぐずぐずだったので、「早くしないと幼稚園に遅れるよ」と言うと、
めいが「幼稚園、、、、」って言い出したので、行きたくないと言うのかなと思ってたら、、、
「幼稚園、、、、、行くけどさー」だって(笑)

お迎えの時に、外から教室を覗いたら、ご機嫌に踊ってたり、先生と笑顔でしゃべってたり。
教室に入ったら「まだ帰らないー」とか「もっとゆっくり来てよ」とか言われたり。
拍子抜けするくらいの馴染みっぷりに私がびっくりです。

とは言え毎日トレイにちゃんとイケてるのかがとっても心配な私。
先週はまったく失敗せずだったのに、今週に入って2度程失敗があり、またまたため息をついています。
でも先生には「めいが学校にハッピーで来ているんだから、私達もハッピーよ。トイレの事はあまり大きな問題にはしたくないわ。」となんとも優しい事を言ってもらえて、ちょっとうるっときちゃいました。
忍耐強く付き合ってくれる先生に本当に感謝です。
「おトイレにちゃんと一人で行けたら、帰ったらチョコレートを食べよう!」作戦を実施しており、今のところ効果があるのですが、いつまでこれでいけるかな〜

なかなかすべてが順調にはいかないけれど、めいは本当によく頑張っています!
日本人が一人も居ない環境で逞しく成長してくれています。
私としては、幼稚園に楽しく通ってくれるようになっただけでも本当に嬉しい。
まだまだフルタイムではいけていないけれど、焦らず、めいのペースで慣れていければいいなと思っています。

school.jpg

school2.jpg

幼稚園では先生が毎日写真を何枚も撮ってくれていて、iCloudを通して親と共有できるようにしてくれています。
こういう顔をしてるんだと分るだけで親としてはホッとします。
スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP |