プロフィール

yuka

Author:yuka
娘(めい)・・・2010年8月2日生まれ
息子(しょう)・・・2012年6月16日生まれ
パパとママの4人家族です。


最新記事


カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

月別アーカイブ


最新コメント


カテゴリ


FC2カウンター


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
さて、今日も村々を巡ります。

DSC_0084_20141105083425a0f.jpg
あたりは一面のブドウ畑。
まさにワイン街道をドライブしています。

DSC_0101_20141105083454ee6.jpg
まずはリクヴィル(Riquewihr)へ。
ここも「美しい村」に登録されています。

DSC_0089.jpg

DSC_0090.jpg

DSC_0099_20141105083431619.jpg
小さい村で、メイン通りもあっという間に見終わっちゃいます。
可愛い街並み(この表現のオンパレードですみません。あぁ、語彙力が乏しいって辛い)なんですが、だんだんとこういう景色も見慣れてきてしまった。

サクッと次の村へ行こうと思ったら、、、

DSC_0098_20141105083429af5.jpg
アルザスワインで有名はHUGELのセラーがここに!
しかし、今はお昼休み中。

そうそう、昨日知ったんですが、この辺はお昼休みでお店が閉まっちゃうみたいです。2時間程。
なんかスペインみたいなんですけど。
なので最初に行ったエギスハイムでお店が閉まってたのは祝日ではなく、昼休憩中だったわけです。

話は戻って、それでもHUGELのお店には絶対に行っておきたい!と旦那さんがいうもんで、お昼休憩が終わるまでランチをすることに。

DSC_0091.jpg

DSC_0093.jpg
アルザス名物ベックオフ。
マリネした肉とジャガイモを重ね焼きしたもので、ここのはラム、牛、豚の三種類のお肉が入ってました。
美味しいのだけど、ラム肉の臭みが結構あって私はちょっと苦手でした。
他のお肉だけで作られたものだったら、パクパク食べてたと思うけど。

DSC_0094_20141105083457673.jpg
寒いのに、、、食後のアイス。

無事にHUGELのワインも買え、次なる村、リボーヴィレ(Ribeauville)へ。
子供達が車で寝てしまったので、私だけぶらぶら観光。

DSC_0107_20141105085929cc2.jpg
遠くにお城も見えます。

DSC_0115_2014110508593146d.jpg
メイン通りがずーっと続いています。
通りはレストラン、ワイン屋さん、お店が沢山。観光客で賑わっていました。

DSC_0105_201411050903151e5.jpg

DSC_0116_20141105090317117.jpg

DSC_0117_201411050903191af.jpg

DSC_0108_201411050903163a9.jpg
ちなみにリボーヴィレはコウノトリの里として知られる村のようです。
ここだけでなく、アルザスの村々にはコウノトリグッズを売っているお店が多かったです。

DSC_0110_20141105085930e30.jpg
スイーツのお店も沢山あって、ここのがとっても美味しそうだった!
マカロンにケーキに・・・。
でも混んでたから買うのは断念。

DSC_0118_201411050903206fe.jpg

DSC_0119_20141105090636b65.jpg

DSC_0121_20141105090637f09.jpg
町並みだけでなく、お店巡りも楽しめそうな村でした。
あぁ、やっぱりケーキ買っても良かったかも・・・(笑)

本当はもう一つカイゼルスベルクという村も行こうかと思っていたんですが、すでにこういう町並みにお腹いっぱい気味。
というわけで、大人しくストラスブールへ戻りました〜

DSC_0125_20141105090638e16.jpg
ブドウ畑が紅葉するこの時期、最高の景色〜♪
楽しい村巡りでした。
結果として、ワイン巡りをしていたような気がしないでもないけれど。

フランスはやっぱり田舎の村が美しい〜
ヨーロッパは結構どこの国も田舎の風景が良いような気がするなぁ。

スポンサーサイト

コメント:

コメントの投稿



管理者にだけ表示を許可する

 | BLOG TOP | 


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。